BEC-OnlineSchool実践

文章をスムーズに書けない人に贈るとっておきの解決策

投稿日:

・文章を書こうと思っても、なかなか筆が進まない。
・どんな構成で書こうか決まらない。
・その結果、手が止まってしまう。。。

こんな人も多いのではないでしょうか。

そんなときに出来るとっておきの解決策は、「文章の型を知っておく」ということ。
自分が好きな型、得意な型を決めておく、ということでも良いと思います。

「この人の文章、上手だなー」と思うコンテンツも、実はある型にそって書かれているだけ。
なんていうことも多いのが実態です。(^^;

意外と、知っているか知っていないかだけの差なもんです。

文章の型を見につけるために

文章の型を覚えるために、個人的に大事だと思うことは以下の2点。

①そのジャンルで有名なコンテンツ、有名な人の文章を、何度も読むこと。
②自分が好きな文章、いいなと思った文章を、何度もよむこと。

この二つを、一回や二回ではなく、とにかく繰り返すことが大事です。

「写経がイイ!」なんていう人もいますが、これも一理あると思います。
とにかく繰り返して体に刷り込む。リズムを覚える。

そうして暗記するぐらい体に刷り込んだら、今度は、好きな文章の型を「要素」で抜き出す

ここがしっかりと言語化できるようになると、自分の中である程度の型が出来てきます。
⇒そうするとオリジナリティもどんどん湧き出てくるはずです!

スポンサードリンク

文章の型:実例編

私が好きなのは、
1.見出し(フックの利いたタイトルを!)
2.冒頭:問題提起
3.次に共感、展開(特に共感を意識)
4.答え、解決策
5.まとめ

こんな感じの構成。

好きな人のブログとか3周は読み返したりしましたが、やはりしっくり来る文章はこの型が多いなーと思っています。
その他、用途によって使える型も違いますが、その辺りもどんどんバリエーションを増やしていきたい。

ここはとにかくINPUTして文章を書き続けるという訓練をするしかないですね。

分かりやすい文章の型を自分のモノに!

結構、文章で稼げている方って、無意識のうちにこの部分が出来ている人が多い気がします。

それは、これまでに触れ合ってきた文章が多いとか、小説やメルマガも含めたくさん文章に触れているなどなど、いろんな要因があるでしょう。
センスと言ってしまえばそれまでですが、そういうところもあると思います。。

ただ、ほとんどの人は、無意識でこれはなかなか出来ません。
だから、私たちが良い記事を書こうと思ったら、意識して文章をよむクセをつけるしかないです。

とにかくまずは「なんかこの文章好きだなー」と思うものを、5つくらい見つけるところからで良いと思います。
ブログなりメルマガなり、短めの小説とかでも良いと思います。

見つけたら、ブックマークするなりしてしっかりメモ。
そしてその文章をなんども読み返す!体に刷り込む!!!

たったこれだけで良いので、しっかり意識できれ劇的に変わりますよ。
なかなか続けるのが難しいですが、まずはここから。
意識してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

INPUT:【型】を知ってから【オリジナリティ】を

スポンサードリンク

-BEC-OnlineSchool実践

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

情報発信で何を書いて良いかわからない人へのひとつの答え

いざ情報発信をしようとすると必ず悩むテーマがこれ。 『何を発信すればよいの!??』 「Facebookでの発信が大事!」 「ブログで記事を積み重ねておくべき!」 こんなのは耳にタコが出来るくらい聞いて …

継続できない、、。作業を続けるための環境と魔法の言葉

参入した多くの人が辞めていくネットビジネス。 続けること”さえ”出来れば、月10万・30万・50万…と、 結果的にはほぼ不労所得で月10万というような結果が出る世界 …

情報の価値は?最新のオイシイ情報をヒトは求めている?

自分自身、何のためにメルマガを読んでいるのか。 副業サラリーマンの人に多いと思いますが、とにかくたくさんのメルマガを読んでいるww 私もです。 きっとそれは、無意識に、「楽に稼げるおいしい情報を求めて …

初心者がネットビジネスをあきらめず続けるためのコツ!

ここ最近、BEC-OnlineSchoolのコンテンツも参考にfacebookを始めました。 すると、、、 ・誰かとつながることが楽しくなって気づいたらタイムラインを眺めている。 ・エッジの効いた発信 …

BEC-OnlineSchool 実践記録|資産を残すことの大切さを学べ!

「自分の書いた記事が資産になる。」 BEC-OnlineSchoolをはじめて、エネルギーのみなぎったオリジナルの記事を毎日吐き出している。 たしかにこれを垂れ流しているだけではもったいない。。 これ …