BEC-OnlineSchool実践

いつまでも作業し続けるのか??の先にある答え

投稿日:

ネットビジネスを始めて、50万、100万まで稼ぐには?
→そこまでは気合で手を動かせばよい!

よく聞きますよね。(^^;
「そんな簡単な!?」と昔の私も思っていましたが、今になって思えばそのとおりかなと。

とにかく「気合で年収1000万は気合で」と言われるように、我武者羅に作業を続ければ月収100万はいく!ということは、多くの人が体験談として語っています。
100万といわずとも、月収50万くらいなら、自分の体験談からも本当にそう思います。

作業者になるか、指導者になるか

問題は、その後どうするか。
この稼ぎを200万・300万と大きくしようと思ったら、方法は大きく二つに分かれます。

ひとつは、外注化・組織化をして、同じ方法で稼ぎを伸ばすこと。
→自分ひとりの作業量では限界なので、とにかく人を増やして数を増やす。
マニュアル化、外注化のノウハウも必要になりますね。

そしてもうひとつが、情報発信に切り替える。
→自分という人間を使ったタレントビジネスになります。
ファンをつくり、自分が提供することに価値を感じてもらい、その対価としてお金を頂く。

レバレッジが効くInfo業界の醍醐味でもあります。

スポンサードリンク

自分の適性を見定める!

どちらが良いか?というのはとっても難しくて、明確な答えはありません。
ひとそれぞれ好みもあるし、適正も全然違います。

全然人前に出るべきじゃない人が情報発信をすると、自分も、それに巻き込まれた人も不幸になりますよね。。

ちなみに私は、情報発信をしてみたい。今は心からそう思っています。

一番小さな例で言えば、学校の授業とかで他人に教えること。めちゃめちゃ好きだったんですよね。
「将来は教師になりたい!」なんて思ったこともある。

サラリーマンになってからはその夢はあきらめたけど、会社の中で部署移動するなら教育部門がいいなーなんて漠然と考えていました。
(そんなに上手くいきませんけど。orz)

直近もやはり、自分のノウハウなどを人に教える、そしてその人がキラキラしている!なんていうのを見るのが、ものすごく充実感を感じるわけです。
情報発信て、この夢をかなえてくれるんじゃないか?と思っています。

教師じゃないけど教師みたいなもの。
感謝されながら人に何かを伝える仕事。
それが個人活動でもしっかりと実現できる時代です。

そこにお金を頂けたら、最高ですよね。

↑↑このためには、まだまだ自分の実力は足りません。
相手に教えるためのコンテンツ作成もそうだし、知識も断片的なものばっかり。
ほとんど体系的に落とし込めていない。

こう考えると、まだまだやることあるよなーと改めて思います。

BEC-OnlineSchoolで学んだ知識を総動員して、目標とする自分になれるよう高みを目指して行きます!

INPUT:作業・効率の鬼で行くか? 情報発信でファン化活動で行くか?

スポンサードリンク

-BEC-OnlineSchool実践

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

初心者がメルマガ読者を集めるためにやるべき方法は?

メルマガを利用したセールスからの、メールでのクロージング。 Info業界の特徴の一つですよね。 この世界を知るまで、DRMなんて本当に知らない言葉でした。。 一般的な販売でイメージするのは、電話での直 …

文章をスムーズに書けない人に贈るとっておきの解決策

・文章を書こうと思っても、なかなか筆が進まない。 ・どんな構成で書こうか決まらない。 ・その結果、手が止まってしまう。。。 こんな人も多いのではないでしょうか。 そんなときに出来るとっておきの解決策は …

情報発信の内容がWEB上の自分を形作る。

インターネットを使った情報発信。 発信媒体(MEDIA)はたくさんありますが、それぞれの使い分けって意識したことはありませんでした。 文字・音声・動画 の価値と注意点 一般的に読み手が価値を感じるのは …

どうやったら上手な文章をかけるかBEC-OnlineSchoolで向き合ってみた

インターネット上にコンテンツを作っていこうと思ったら、「文字」と向き合うことは避けられません。 かといって、普段から大量の文章を書いているような人でもない限り、いきなり上手な文章を書くなんて無理です。 …

メルマガやブログで魅せる!販売者としての懐の深さとは?

そもそも、「他人の商品を販売すること」って、実はとても難しいものです。 簡単なのは自分を売る方。 自分のコンサルや独自商品などですね。 転売などのような具体的な商品がない物販と違って、Infoで他人を …