BEC-OnlineSchool実践

メルマガやブログで魅せる!販売者としての懐の深さとは?

投稿日:

そもそも、「他人の商品を販売すること」って、実はとても難しいものです。

簡単なのは自分を売る方。
自分のコンサルや独自商品などですね。

転売などのような具体的な商品がない物販と違って、Infoで他人を商品を売るには、
・他人との関係の深さ、ストーリー
・その商品を販売者ではなくアナタから買う理由

が必要になるわけです。

ここをしっかり掘れるスキルを持つことって、実はとても難しいので、最近は小価格帯のアフィリエイトをする人が減っているのかなぁと思いました。

三浦孝偉が自分以外のコンテンツをアフィリエイトする理由 1

ひとつは、「セールスマンとしての幅を見せることで抽象度を上げること」

上記のとおりここをするためには、販売者と向き合い、読者様の興味を惹くストーリーを投げかけ、心を刺激する。
そして魅力的なコンテンツと共にアフィリエイトする。

ここまで出来れば、どんどん自分の幅が広がっていくでしょう。
そして回を重ねるごとに、どんどん自分のブランド価値が広がっていくでしょう。

ここまできたら。
セールスマンとしてはその辺の発信者より、1歩も2歩も上のステージになりますね。

スポンサードリンク

三浦孝偉がいろいろなコンテンツをアフィリする理由 2

もうひとつの理由は、「すべての読者からマネタイズを狙う」ためです。
→なぜなら、読者様はみんな「何か」オイシイ情報はないか?と気になる情報を探しているから。

youtubeの発信をきっかけに自分の発信に登録してもらったけど、きっとその人は、youtubeだけが気になっているわけではないハズです。
「何か稼げる情報はないか?」と探している。


「美味しい新鮮な情報は全部欲しい!」

これが、お客様の本音。

コンテンツ内でもありましたが、まさにこれなんだと思います。
だって自分も、、いまだにそうですから。。

ここのお客様に提供する意識や、これを忘れずに意識できるかどうかで、稼ぎの額は変わってきそうですね。

目標とするべき情報発信

今回のBEC OnlineSchoolでは、井上直哉さんのコンテンツが後悔されていました。

コンテンツの内容は、
・学び
・自分なりの解釈、添え
・自分の行動への昇華
(過去の自分の具体的行動)

と多岐にわたります

ただの感想文ではなく、やはり書くべきポイントをしっかりおさえ凝縮した端的なメッセージでした。

アウトプットとしては100点だと思います。
アウトプットブログも読み返してもすばらしいです。

ただ、「すげー!自分とは全然違う。。」と思ってしまったらそこからの成長はありません!
自分も負けない!
そんなアウトプットを目指して、日々を積み重ねていきたいと思いました。

いつかこうやって紹介してもらえることを目標に。
自分の発信が三浦さんの心に「何か」を与えられれば、BEC-OnlineSchoolで学んだ成果になるのかなと思っています。^^

INPUT:なぜ三浦は自分以外のコンテンツも売るのか?

スポンサードリンク

-BEC-OnlineSchool実践

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

文章をスムーズに書けない人に贈るとっておきの解決策

・文章を書こうと思っても、なかなか筆が進まない。 ・どんな構成で書こうか決まらない。 ・その結果、手が止まってしまう。。。 こんな人も多いのではないでしょうか。 そんなときに出来るとっておきの解決策は …

情報発信のキャラクター設定に悩んだらやるべきこと。

情報発信をする上で、自分のキャラクター設定をすることは重要です。 今回はそんなお話を。 まずはキャラ設定の前段の話 キャラ設定の基本として、以下の二点は注意が必要です。 ・過大に表現した自分 →現実と …

良質なインプットのとは?初心者でも出来る簡単なコツ!

ネットビジネスをしていると、無料コンテンツから有料コンテンツまで様々な情報を浴びることになります。 もちろんBEC-OnlineSchoolでも濃厚なコンテンツが毎日送られてきます。^^ でも、それら …

BEC-OnlineSchool 実践記録|資産を残すことの大切さを学べ!

「自分の書いた記事が資産になる。」 BEC-OnlineSchoolをはじめて、エネルギーのみなぎったオリジナルの記事を毎日吐き出している。 たしかにこれを垂れ流しているだけではもったいない。。 これ …

情報発信の内容がWEB上の自分を形作る。

インターネットを使った情報発信。 発信媒体(MEDIA)はたくさんありますが、それぞれの使い分けって意識したことはありませんでした。 文字・音声・動画 の価値と注意点 一般的に読み手が価値を感じるのは …