BEC-OnlineSchool実践

メルマガやブログで魅せる!販売者としての懐の深さとは?

投稿日:

そもそも、「他人の商品を販売すること」って、実はとても難しいものです。

簡単なのは自分を売る方。
自分のコンサルや独自商品などですね。

転売などのような具体的な商品がない物販と違って、Infoで他人を商品を売るには、
・他人との関係の深さ、ストーリー
・その商品を販売者ではなくアナタから買う理由

が必要になるわけです。

ここをしっかり掘れるスキルを持つことって、実はとても難しいので、最近は小価格帯のアフィリエイトをする人が減っているのかなぁと思いました。

三浦孝偉が自分以外のコンテンツをアフィリエイトする理由 1

ひとつは、「セールスマンとしての幅を見せることで抽象度を上げること」

上記のとおりここをするためには、販売者と向き合い、読者様の興味を惹くストーリーを投げかけ、心を刺激する。
そして魅力的なコンテンツと共にアフィリエイトする。

ここまで出来れば、どんどん自分の幅が広がっていくでしょう。
そして回を重ねるごとに、どんどん自分のブランド価値が広がっていくでしょう。

ここまできたら。
セールスマンとしてはその辺の発信者より、1歩も2歩も上のステージになりますね。

三浦孝偉がいろいろなコンテンツをアフィリする理由 2

もうひとつの理由は、「すべての読者からマネタイズを狙う」ためです。
→なぜなら、読者様はみんな「何か」オイシイ情報はないか?と気になる情報を探しているから。

youtubeの発信をきっかけに自分の発信に登録してもらったけど、きっとその人は、youtubeだけが気になっているわけではないハズです。
「何か稼げる情報はないか?」と探している。


「美味しい新鮮な情報は全部欲しい!」

これが、お客様の本音。

コンテンツ内でもありましたが、まさにこれなんだと思います。
だって自分も、、いまだにそうですから。。

ここのお客様に提供する意識や、これを忘れずに意識できるかどうかで、稼ぎの額は変わってきそうですね。

目標とするべき情報発信

今回のBEC OnlineSchoolでは、井上直哉さんのコンテンツが後悔されていました。

コンテンツの内容は、
・学び
・自分なりの解釈、添え
・自分の行動への昇華
(過去の自分の具体的行動)

と多岐にわたります

ただの感想文ではなく、やはり書くべきポイントをしっかりおさえ凝縮した端的なメッセージでした。

アウトプットとしては100点だと思います。
アウトプットブログも読み返してもすばらしいです。

ただ、「すげー!自分とは全然違う。。」と思ってしまったらそこからの成長はありません!
自分も負けない!
そんなアウトプットを目指して、日々を積み重ねていきたいと思いました。

いつかこうやって紹介してもらえることを目標に。
自分の発信が三浦さんの心に「何か」を与えられれば、BEC-OnlineSchoolで学んだ成果になるのかなと思っています。^^

INPUT:なぜ三浦は自分以外のコンテンツも売るのか?

-BEC-OnlineSchool実践

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

どうやったら上手な文章をかけるかBEC-OnlineSchoolで向き合ってみた

インターネット上にコンテンツを作っていこうと思ったら、「文字」と向き合うことは避けられません。 かといって、普段から大量の文章を書いているような人でもない限り、いきなり上手な文章を書くなんて無理です。 …

自分の中にノウハウを落とし込むにはとにかく分解すること!

「具体化と抽象化を自由に出来ればその人は稼げるようになる!」 なんていわれることも多いですよね。 でも、私はこれは本当だと思っています。 「ビジネスの全ての肝はリサーチ」という抽象的な話を聞いたときに …

BEC-OnlineSchoolで身につけた力

最近、いろんなメルマガに、自分の感想を取り上げていただくことが増えました。 ある企画に対して感想を書いたところ、メルマガで取り上げて頂く。 「内容だけじゃなく、何を感じてさらにどう発展させるかまでしっ …

長倉顕太×三浦孝偉 対談音声|BEC-OnlineSchool

「メモにこんなにキャッチコピーが羅列される対談..すげぇ」 これがお二人の対談音声を聞いた率直な感想でした いままで数多くのコンテンツを聞いてきましたが、その観点では圧倒的No1です。 三浦孝偉さんの …

情報発信で何を書いて良いかわからない人へのひとつの答え

いざ情報発信をしようとすると必ず悩むテーマがこれ。 『何を発信すればよいの!??』 「Facebookでの発信が大事!」 「ブログで記事を積み重ねておくべき!」 こんなのは耳にタコが出来るくらい聞いて …