BEC-OnlineSchool実践

本当のなぜなぜ分析。自分の悩みの真因にたどり着くための「5Why」

投稿日:

これ、仕事で取り入れてる企業も多いです。
「問題の真の原因を見つける」

世界のトヨタでも、なぜなぜ分析として有名ですよね。
(もちろん私の会社でも取り入れてます。。)

普通にやっても上手くいかない5Why

でもこの5Why、本当に難しい。。
なかなか真の原因にたどり着かず、ただの言い訳になってしまうんですよね。

そういう意味では、BEC OnlineSchoolのコンテンツの中で、各人の結果に即座に的確なディレクションをしている三浦さん。
やっぱりホンモノだなぁと改めて思いました。(^^;

さて、そうは言っても、
自分で漠然と考えているだけでは、なかなか真の原因を深堀できないものです。

そのための分析するフレームワークが5Why。

まずは使ってみて、自分のなかに落とし込めたらとても有益なことは間違いない。
上手くできなくても、きっと考えている真相真理が出てくる。

ダメな部分から逃げず、客観的に抽出して受け止める。
そして結果に対して対策を考える。

仕事で使う「真の原因分析」とはちょっと違って、「自分のダメな部分をしっかり見つめなおす」という方が大きいかもしれないですね。

5Whyを試してみる
ということで私もやってみました!

テーマ
「なぜ中途半端な金額しか稼げていないか」
「なせ稼ぎが停滞しているのか」


→稼ぐための行動(私はブログ記事作成)が出来ていないから

→芸能ニュースやテレビ情報を見てもライバルも多いし、書きたい記事もなくて、結果リサーチして手が止まってしまう。

→そもそも記事を書きたくない!?
→記事を書きたい!と強く思わなくなってしまったから。

→2年間も続けて、記事作成に少し飽きた。
→モチベーションが沸かない

→二次情報である記事の寄せ集めに価値を感じれいないから★1
→自分で書くのが面倒★2
→トレンドブログじゃなくて、書きたいモノを書く?★3

★1に対してては、
「自分の体験を入れ込んだ価値のある記事を書く。」
「他に負けないくらいの情報量で価値のある記を書く。」

★2に対しては、     
「誰でも書ける記事は外注化」
「自分で書けないなら外注化」

そして★3に対しては、
トレンドブログで稼ぎを延長するんじゃなくて、やってみたい情報発信に挑戦する!
自分の思いを発信し、自分だけの自分の言葉で伝える。そこに動いてくれるヒトがいたら、、

スポンサードリンク

と、こんな結果に。

やっぱりやってみると難しいですね。
なかなか、純粋にナゼを繰り返せていない。

なんだか、答えありきで、なんとなーくそっちに行くような分析になったり。
(自分の中では答えは出ている?)
でも、今回は悩んでいる素の部分にある程度近づけたかな?とも思いますが。

本当は純粋に分析できて、自分が見えていなかった「真の原因」にたどり着けると良いのですが、、
まだまだそこまでのスキルはないです。(^^;

ただ、これを当たり前に繰り返すようになると、問題点に対して深い思考が当たり前に出来るようになるんだなぁとも思います。

せっかくの良い機会を頂いたので、これからは意識して、重要な問題には定期的に5why、やっていきたいと思います。

p.s.
BEC OnlineSchoolのコンテンツ内ので言われていたこと。
「何かを半年継続するだけ。でも、できない。」
「グチグチ悩んでいる人って、、、、『暇』なんです。」

うー、刺さる。。。

追記
5人の方の5whyのアウトプットを拝見して、また自分でやった結果も振り返って、5whyの深さが少し分かった気がしました。

「どこまで自分と向き合えるか?」
読み返してみたら、メール本文にもしっかり書いてますが、やはりここが一番のポイントかなと思います。

だって、自分が原因の問題を分析するんだから、自分に悪いところがあるに決まっている。
それを深く自分と向かいあって、分析して、、。
決して表層的ではなく、本当の自分の悪いところを抽出することが大事。

それが出来ないと、本当にうわっつらだけのワークで終わってしまう。
何も見えてこない。

きっと人によっては、問題が多数なんていう場合もあると思います。
「これをやったらよい!」なんて、一言で結論を出せないことも多いでしょう。

それでもまずは、自分の悪いところを受け入れて向かいあう。
答えなんて出なくても良いから、自分の悪いところや原因を全部しぼり出す!
そんな意識で向かい合うことが大事だな、と思いました。

「答えは自分の中にある」

まさにそのとおりで、自分の中にない発想は出てきません。
でも、普段は目を瞑っていたり、分かっていても言語化できていない悪い部分が多々あるはずなんです。

それをしっかりと「見える化」することが、5whyの一番の目的だと思いました。

私もこの考え方に沿って、もう一度5why、実践してみようと思います。
ダークな気分になてしまいそうなので、、
出張先のホテルで一人で、寝る前に。。
で、終わったら!ご褒美に久しぶりに酒飲みます!

INPUT:5Why
INPUT:5whyのメンバアウトプット

スポンサードリンク

-BEC-OnlineSchool実践

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

情報発信で何を書いて良いかわからない人へのひとつの答え

いざ情報発信をしようとすると必ず悩むテーマがこれ。 『何を発信すればよいの!??』 「Facebookでの発信が大事!」 「ブログで記事を積み重ねておくべき!」 こんなのは耳にタコが出来るくらい聞いて …

BEC-OnlineSchoolで身につけた力

最近、いろんなメルマガに、自分の感想を取り上げていただくことが増えました。 ある企画に対して感想を書いたところ、メルマガで取り上げて頂く。 「内容だけじゃなく、何を感じてさらにどう発展させるかまでしっ …

思考のフレームワークを自分なりの手法に昇華させる|BEC-OnlineSchool

今回のコンテンツ(MECE思考)で強く引っかかったのは、実は、「ライフ フレームワーク」という部分だったりします。 『自らを定期的に振り返るために。』 『全方位で思考を整理するために。』 日常的に深い …

作業をしてもなかなか成果が出ない「やってる感」のワナ

作業しているつもりだけどなかなか成果がでない。。。 そうな風に思うこと、ありませんか?? やってる感が最大のワナ! 本日のBEC OnlineSchoolのメールは、「稼ぐことから逃げてないか?」とい …

長倉顕太×三浦孝偉 対談音声|BEC-OnlineSchool

「メモにこんなにキャッチコピーが羅列される対談..すげぇ」 これがお二人の対談音声を聞いた率直な感想でした いままで数多くのコンテンツを聞いてきましたが、その観点では圧倒的No1です。 三浦孝偉さんの …