BEC-OnlineSchool実践

BEC-OnlineSchoolを受講して4ヶ月の振り返り的アウトプット

投稿日:

BEC-OnlineSchoolを受講して4ヶ月。

ふとしたコンテンツの切れ間に、改めて第一回動画、
「BEC on-line School 開講のご挨拶」を見返してみることにしました。

約4ヶ月前。希望と不安を胸にして叩いた、BOSの門。

あの頃のOutputが残っていないのが残念だが、、
自分の発信は少しは進歩しているのだろうか。

一生稼ぎ続けられるチカラ = ビジネス偏差値

言葉では意味は分かっているけど、実際に自分の力になっているのか不安になる毎日だったりする。

目に見えないチカラ。
でも確実に自分の基盤になるチカラ。

残り2ヶ月。
これからもまだまだ、自分の底を広げれるよう、有益なコンテンツとそれを血肉にするアウトプットに向かい合っていきたいと、改めて気持ちを引き締めす!

今だから感じること

開講の挨拶動画では、本当に多岐にわたり重要なことが語られている。

きっと、全部が大事。
でも、その中で引っかかる部分はみんな違う。

今回久しぶりに視聴してみて、やはり、自分が4ヶ月前に見たときとは違うところに引っかかりました。
きっと、それが今自分が意識していることで、心の中でもやもやしている部分なんだと思います。

引っかかったところは、やはり情報発信。
「リーダーになろう」この言葉が一番意識に残っています。

これからの時代の最高のビジネスモデルが、情報発信をして、コミュニティを持つこと。

昔はこんなこと個人では出来なかったが、今は簡単に出来る時代。
それは自分の思いを発信するだけ。
ここに、マーケティングの目線が絡むとさらに早い。

簡単な道はない。でも、近道は確かに存在する。

そして、発信しないことは、存在していないことと同じ。
自分を知ってもらうには、発信し続けるしかない。

facebook投稿とブログを始めて

BEC-OnlineSchoolを受講しながら、facebook投稿とblogの積み重ねを始めました。

まずは自分を発信するしかない。そうしないと知ってもらうことすら出来ない。
少しずつ爪あとを残せているのか、反応をもらうことも増えてきました。

ただ、、反応してくれる属性の方は自分の思い描く人と少し違ったりします。
いきなり仕事の悩みを説教されたり、良く分からない外国の方からコメントきたり。

facebookの特性なのか、自分の発信のせいなのか、まだ分析は出来ていないですが心折れそうです。。。
orz

「自分の発信が魅力的な人を集める」という言葉もありましたが、逆も然りです。
客観的に自分の発信を分析できていませんが、もしかしたらそういう発信になっているのかもしれません。

BEC-OnlineSchool 残り2ヶ月!

私は情報発信に向き合いたいと思っています。

自分に出来るのか、そこに本当にやりがいを見出せるのか。
いろいろ悩むことはありますが、そんなのは全てやってから。
アタマの中だけでは見えない世界があると思っています。

ちょうどよい区切りのタイミング。
また初心に戻って、日々、勉強させて頂きます。

-BEC-OnlineSchool実践

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

良質なインプットのとは?初心者でも出来る簡単なコツ!

ネットビジネスをしていると、無料コンテンツから有料コンテンツまで様々な情報を浴びることになります。 もちろんBEC-OnlineSchoolでも濃厚なコンテンツが毎日送られてきます。^^ でも、それら …

初心者がネットビジネスをあきらめず続けるためのコツ!

ここ最近、BEC-OnlineSchoolのコンテンツも参考にfacebookを始めました。 すると、、、 ・誰かとつながることが楽しくなって気づいたらタイムラインを眺めている。 ・エッジの効いた発信 …

情報発信の内容がWEB上の自分を形作る。

インターネットを使った情報発信。 発信媒体(MEDIA)はたくさんありますが、それぞれの使い分けって意識したことはありませんでした。 文字・音声・動画 の価値と注意点 一般的に読み手が価値を感じるのは …

継続できない、、。作業を続けるための環境と魔法の言葉

参入した多くの人が辞めていくネットビジネス。 続けること”さえ”出来れば、月10万・30万・50万…と、 結果的にはほぼ不労所得で月10万というような結果が出る世界 …

長倉顕太×三浦孝偉 対談音声|BEC-OnlineSchool

「メモにこんなにキャッチコピーが羅列される対談..すげぇ」 これがお二人の対談音声を聞いた率直な感想でした いままで数多くのコンテンツを聞いてきましたが、その観点では圧倒的No1です。 三浦孝偉さんの …