BEC-OnlineSchool実践

思考のフレームワークを自分なりの手法に昇華させる|BEC-OnlineSchool

投稿日:

今回のコンテンツ(MECE思考)で強く引っかかったのは、実は、「ライフ フレームワーク」という部分だったりします。

『自らを定期的に振り返るために。』
『全方位で思考を整理するために。』

日常的に深い思考を繰り返している人は、おそらくみんなやっているこのプロセス。
その方法は、本当に、いろいろあると思います。

今回のコンテンツであるMECE思考であったり、マインドマップを使った思考整理。
ブレインダンプでの思考の整理だったり、自分のコアに立ち返るシチュエーションに当てはめてみたり。
テキストメモにとにかく書き出す!という人もいるでしょう。

でもここを自分の主観だけに頼らず、一歩引いた俯瞰的な目線でしっかりと自分の思考を深く見つめなおす。
このための方法を見つけることが大事なんです!

思考方のやり方は何でも良い

コンテンツを聞いて、この自分なりの思考テクニックは何でもいいんだろうなと改めて思いました。

スポンサードリンク

というのも、三浦さんのMECE思考が圧倒的に昇華されているからです。
普通の人は、漏れなく被りなくという単純なフレームワークで洗い出したら、やはりworkでやったような一般的なものになってしまいます。

三浦さんのMECE思考は、オリジナルであり、かつその先が見えていると感じました。
でもきっと、最初からこうだったわけじゃない。何度も思考を繰り返したことで見えてくる境地なんだだと思います。

フレームワークを自分なりの方法に昇華させる

私の会社で、「なぜなぜ分析」の神と言われる人がいます。

なぜなぜ分析を、全てのことに応用してカイゼンのサイクルをまわしている。
※なぜなぜ分析は、BOSのコンテンツで言う5WHYです。

でも、実際その方の教育を受けてみると、もう、なぜなぜ分析というより、百戦錬磨の経験から裏打ちされたただのディレクションと感じました。
きっとその人の頭の中ではなぜなぜ分析的な思考を使っているかもしれないのですが、それはもう、昇華されすぎていてとても一般参加者には真似できるものではなかった。笑

でもきっと、これも最初からこんな分析が出来たわけではない。
何度も思考を重ね、なぜなぜ分析というフレームワークを使うことで、問題解決のヒントにたどり着いている。
それが凄い次元で行われているだけ。

だから私たちがすることは、同様に思考を深める訓練を淡々と積み重ねるだけ。
近道なんてない。これしかない。

スポンサードリンク

-BEC-OnlineSchool実践

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

情報発信のキャラクター設定に悩んだらやるべきこと。

情報発信をする上で、自分のキャラクター設定をすることは重要です。 今回はそんなお話を。 まずはキャラ設定の前段の話 キャラ設定の基本として、以下の二点は注意が必要です。 ・過大に表現した自分 →現実と …

BEC-OnlineSchool特別編|音声対談の感想①

この記事はBEC-OnlineSchoolにて、原田翔太さんとの対談音声を拝聴しての感想アウトプット記事になります。 — 高度な用語と抽象的なテーマが広がる音声でした。 この高い次元の会話 …

BEC-OnlineSchoolを受講して「情報発信」について思うこと

BEC-OnlineScoholを学びながら感じた、三浦さんの情報発信のあり方。 「人と繋がることを心から楽しんでいる」 私の中ではそんなイメージでした。 Info業界を見渡しても、やはり「人と繋がる …

どうやったら上手な文章をかけるかBEC-OnlineSchoolで向き合ってみた

インターネット上にコンテンツを作っていこうと思ったら、「文字」と向き合うことは避けられません。 かといって、普段から大量の文章を書いているような人でもない限り、いきなり上手な文章を書くなんて無理です。 …

情報発信の内容がWEB上の自分を形作る。

インターネットを使った情報発信。 発信媒体(MEDIA)はたくさんありますが、それぞれの使い分けって意識したことはありませんでした。 文字・音声・動画 の価値と注意点 一般的に読み手が価値を感じるのは …