こどもの日は男の子と女の子がいる家庭はどうする?

イベント
スポンサーリンク

5月5日は「こどもの日」ですね!

そういえばこどもの日って、あんまり意識していませんでしたが、男の子の日?のイメージが強いですよね??でもこどもの日というぐらいだから、男の子も女の子も関係なくお祝いしても良い気がするのですが。。。世間一般では、男の子と女の子がいる家庭ではどのようにしているのでしょうか??

こどもの日は女の子はどうする?

「こどもの日」と言えば、男の子も女の子も同じ子供なので、何もしないというわけにもいきませんよね。特に男の子と女の子がいる家庭で平等にしてあげるのが良いと思います。

一般的には、こどもの日には、
・子供たちをどこか楽しい場所に連れて行ってあげる
・プレゼントをあげる
といったことがされているようです。男の子だけというわけではなく、子供達と一緒に楽しむということですね。

こどもの日は女の子だけの家庭は?

子供達と一緒に遊ぶ、一緒に料理作りやお菓子を作る、一緒にゲームをするなど、色々と楽しみ方があると思います。

女の子しかいないという家庭でも、子どもの日はケーキを買ってきたり、ちまきを食べたりということはやっている人が多いそうです。菖蒲湯に入るなんているのも良いですね。さすがに女の子だけだと、五月人形を飾ったりというようなことはしないようですが、楽しみ方はたくさんあります。

こどもの日はなぜ男の子の日

これは旧来から端午の節句として行われていたことが元になっているようです。端午の節句は男の子の成長を願う行事として、5月5日に行われていました。

端午の節句では、
・こいのぼりをあげる
・五月人形を飾る
・柏餅やちまきを食べる
・菖蒲湯に入る
といったことが伝統的に行われていました。

「これってこどもの日の行事だよね?」と勘違いしていしまう人がいそうですが、これは端午の節句のイベントだったんですね。そして5月5日がこどもの日となったので、「男の子の日」か「こどもの日」なのかよく分からなくなってしまったんですね。

こどもの日は男の子と女の子がいる家庭はどうする?

ということで、こどもの日は、男の子女の子関係なく、お祝いをするのが良いと思います!「こどもの日」ですからね!もちろん、端午の節句として男の子のお祝いをするのも良いですが、女の子も一緒に楽しみましょう!^^

コメント