副業コラム

トレンドブログでキーワード1位を狙うにはどうすれば良いかまとめてみる

投稿日:2015年9月8日 更新日:

私の実践しているジャンルは、広義の意味ではトレンドブログになるでしょうか。

トレンドでも、ロングでも、サイトアフィリエイトでも良いのですが。
検索エンジンの上での生き方を考えているのであれば、「検索上位に表示させること」が大前提になります。

今回は、これまでいくつか実践と検証を繰り返してきて自分なりに理解した、検索キーワードで1位を狙う方法についてまとめておきたいと思います。

ライバルチェックが上位表示の鍵!

今回は特に裏ワザ的なことを語るわけではありません。

あくまでも現時点の検索エンジンの原理原則です。
というか私は、ノウハウ的なことよりも、「やっぱり本質はこうだよなー」ということをしてそれが評価されるべきだと思っています。

記事タイトルだけしっかりしていても記事の中身がマッチしていなかったり、低品質な記事のブログが上位にいるのって、やっぱり嫌ですよね。
※一昔前はこういうトレンドブログがいっぱいありましたが、最近は少なくなってきましたね。

で、そんな中で検索1位と取るための考え方ですが、まずはやはりライバルチェックが最重要です。

特定のキーワードで狙うと決めたときに、調べてみてライバルが絶望的であれば、検索では絶対に勝てません。

2ちゃんねるまとめとかならまだ可能性はありますが、大手新聞社とか国が運営しているようなサイトには太刀打ちできませんよね。
※極端な例ですかね。(^^;

なのでまずは、狙おうとしたキーワードを決めたら、しっかりとライバルチェックをしましょう。

ライバルチェックの方法の基本的な方法は?

某教材で教えていることもあり、一般的なライバルチェックとして知られているのが「記事タイトル」

狙おうとしているキーワードで検索してみて、上位に表示されている記事のタイトルを確認し、どれだけキーワードが含まれている記事が上位にいるか?を見ます。

つまり、検索したキーワードの単語が全く入っていないような記事タイトルの記事が上位用事されていれば、上位に食い込む隙があると判断するわけです。

googleの検索アルゴリズムとして記事タイトルがかなり重要視されているから、とのことですね。

最近は記事本文のキーワードもしっかり照合して上位表示しているようなので、昔ほど、記事タイトルだけでOKという傾向では無いと思いますが、やはり記事タイトルは分かりやすい指標だと思います。
記事タイトルが全然違うものはなかなか上位表示していませんから。

ライバルチェックで大切なもう一つのこと

もう一つはドメインの強さを見るということ。

某教材では、2ちゃんまとめとか大手ポータルサイトニュースサイトは避けようとか、そういった観点での切り口でした。
開いてみて独自ドメインで強そうであればやめるとか。

ちょっと曖昧ですが、基本的にはこの通りで正しいと思います。

もう少し機械的に見るなら、ツールを導入してページオーソリティやドメインオーソリティを見ると良いでしょう。
google chromeのアドイン機能など、調べるとたくさん出てきます。

これで機械的にページの強さを見て、入れそうな隙があるかを確認できると良いですね。

トレンドブログで1位表示を狙うための方法 ライバルチェック編

書いてみると長くなってきたので、ここで一旦区切ります。

記事タイトルとページの強さを確認し、狙ったキーワードで上位表出来るか?を見る「ライバルチェック」をまずはしっかりしましょう。

これが出来ると次は記事作成ですね。

>>検索1位を取るために考えるキーワード選定以外のもう一つ大切なこと

-副業コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

1日1時間の副業で成果を出すことは出来るか?本当のところを語ってみる

副業で稼ぎたいといろいろな情報を調べたときに、 「1日1時間の作業で稼げる!」 といったコピーを目にすることが多いです。 関連

主婦や初心者が今からネットビジネスを始めるなら?私の経験から思うこと!2015

こんにちは。最近は横ばいの結果に少しマンネリ気味の深夜です。 関連

稼げるコンサルと稼げないコンサル!煽られずにアナタに実践出来る数値を!

こうやって情報発信をしながら回りを見ていると、同じことをやっている人が本当に多いなーと思います。 関連

主婦で暇だからってパートするより絶対効率的なブログの稼ぎ方

子育ても一段落して時間が出来たからとパートに出る主婦の方も多いですよね。 ウチの嫁も今は育児中ですが、時間が出来てきたらパートかなと考えていたりします。 関連

「RSS Footer」と「Yoast SEO」の違いは?更新はどうするべきか悩む

しばらく前からワードプレス管理画面に表示されていた英語表記。 関連